家庭教師応援サイト!カテキョCHOICE!! 家庭教師で成績UP!

アマチュア家庭教師とプロ家庭教師

登録教師の質

はじめに断っておきたいのは
「家庭教師業界の質は決して高くはなく、むしろ低い」ということです。
満足のいく教師を見つけるのは非常に難しく、
悪く例えれば「ハズレ」の教師が選ばれることが殆どです。
それでも、ある程度事前に情報を持っておけば
リスクの回避は可能できるので、家庭教師を選ぶ時には
業者の評価だけでなく、その業者に登録されている教師にも
目を向ける必要があります。小学校受験を考えている方は特に教師には注意しましょう。

様々なタイプ

登録されている教師にはプロの家庭教師以外に、
大学生・大学院生などがあります。
それぞれ学歴(「東京の大学出身」「東京の中高一貫校出身」など)や指導経験にバラつきが生じ、評価が割れるので 正確な判断が難しい部分です。
手っ取り早く教師の特徴や能力を知りたい場合にはやはり面接が一番となり、
契約主が選ぶ際に一番納得できる方法でもあります。

プロの家庭教師と学生家庭教師(アマチュア)の違い

プロの家庭教師とそうでない教師では子どもへの指導方法はもちろん
料金にも影響が出てきます。それぞれのメリット、デメリットを把握しておきましょう。


学生家庭教師の特徴

子どもの視点に立った学習指導ができるので、
勉強の楽しさ・意欲を引き出すことに長けています。
義務的な勉強ではなく、自然体で学習を行えるので子どもの潜在能力を
引き出せるメリットがあります。 注意すべき点は、学生家庭教師は
その人の学歴、受け持った子供との相性が指導効果に大きく影響されるということ。
学生家庭教師を選ぶのであれば、お子様の進路と近い学歴・経験など、
なるべく多くの子どもとの共通点を持った教師を紹介してもらう必要があります。


プロの家庭教師

家庭教師として培った経験から受け持った子どもの苦手な教科に対する対応など
データに基づいた学習指導をできるのが強みです。
また、勉強のコツやテクニックなど学校では教えてくれない知識にも長け、
それを子どもに教えることができます。
志望している東京の○○大学出身の先生に教わるのもいいですね。
学校で教鞭を執っていた人や塾で講師の経験がある人が多いのも特徴です。
総じて教育知識が豊富ですから、役に立つ参考書選びや
生徒に合った受験校を選ぶ時にはよき相談相手になります。
デメリットは学生教師に比べ割高になることと、教師としての経験が長い方は
年齢が離れてしまうため、子どもが萎縮してしまうことです。
料金の問題は契約の段階で払えれば特に問題はないのですが、
後者はどうしても「慣れ」が必要になります。
気さくに子どもに接することが出来るプロなら安心ですね。

学習指導には知識と人柄が重要

さて、学生家庭教師とプロの家庭教師については上記の通りですが、
実際に選ぼうと思考してみるも、どちらも一長一短ですし、
どちらを選べばいいか最終的な判断がつかない状況がよくあります。
そこで一つ提案をするのは、迷ったときには教師の「人柄」で選ぶということです。
残念なことに家庭教師の中には、
「金さえ手に入るのなら生徒のことなど関係ない、どうでもいい」
という考えで働く人もいます。
教師を選別する上での最重要事項はこういった
不適切な教師を選ばないよう慎重になることです。

家庭教師が全てを握るわけじゃない

家庭教師の指導成果はその教師自身の知識や経験を含めた指導能力と
受け持つ子どもという2つの要素で大きく変わります。
どんなに指導が上手くても子ども自身にやる気がなければ成績は伸びませんし、
子どものやる気が十分でも教師の熱意が感じられなければ子どもはやる気をなくすでしょう。
子どもの成績が伸びない原因はすべて家庭教師にあると考える親もいますが、
一概にはそうとは限らないのです。
従って家庭教師を雇う親御さんは、一時的な成績の変化に捉われず
客観的かつ総合的な評価をしてあげましょう。